スポンサーサイト

  • 2019.05.04 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    鹿島田チャレンジfinal

    • 2009.05.02 Saturday
    • 23:23
     今日は飲みに行くのと兼ねて、以前鹿島田ミートソースさんが名古屋に来た時に宣言した味仙の台湾ラーメン2杯喰いを一足先にやりに行った。

     いきなりトラブルが。分かっていたはずなのに、昼食を食べだしたらすっかりわすれて思いっきりうどんをお代わりして満腹状態。13:30。チャレンジ時刻は17:00。辛くて食べられないとかいう以前に腹に入るかどうかが問題だ。鹿島田チャレンジの行方は如何に?と一人で困りつつ現場へ到着。5分ほど遅れただけで席はかなり埋まっていた。

     席に着き、ビールと青菜炒めと麻婆豆腐と台湾ラーメンを注文する。
     相変わらず肉味噌が辛さを演出している状態。この時点でなんか食べられそうな気がしてきた。

    1杯目

     まだまだ余裕の表情。

    1杯目を食べる直前

     とりあえず1杯目クリア。これは我々が3ヶ月と2週間前に通過した時点だ。というか、1月に鹿島田さんと食べた時よりも辛くないような気がする。発汗量が全然違うからだ。
     2杯目を注文して並べてみた。店員は一緒に行った奴の前に置いた。でも喰うのは俺。 

    1杯目完食

     1杯目を食べる直前よりも、心なしか表情に余裕がない。辛さもあるが、喉や鼻の奥に唐辛子が付いて咳き込んだりしてたせいだろうか。

    2杯目に取り掛かる直前

     でもなんなくクリア。そんなに汗はでない。表情は爽やかだ。

    2杯完食

     結論。味仙の奴、日和やがったか?それとも慣れたのか?結論は鹿島田さんが「思いっきり辛くして」と注文した奴を食べた時と、Dさんがマイルドな台湾ラーメンアメリカンを食した時に委ねたい。

     何にしろ、現時点では鹿島田チャレンジはとりあえずクリアとしたい。本物の鹿島田さんの粋に達したわけではないが、偽鹿島田(つま先と目が反り上がっている)は名乗っても良いかも。
     CoCo壱番屋で10辛を食べた時には再度upしたいものだ。

    鹿島田チャレンジ3rd

    • 2009.03.21 Saturday
    • 22:05
     今朝は07:30に起きて朝食を取り、08:00過ぎに遊びに行く母を駅まで車で送って行った。眠足りなかったのでしばらく寝てから10:00に図書館へ行き昼過ぎまでやった後に行きつけの名古屋の床屋に行くつもりだった。
     でも眠くてたまらなかったので、アラームで起きる、スヌーズ、1分後にアラームで起きる、スヌーズ、・・・と繰り返し、らちが明かないので30分後にアラームをセットして寝た。結局それも繰り返して、どうにも起きられないので寝るだけ寝た。14:00少し前に起きた。

     しかたないので勉強はせずに、伸びた毛を切りに行った。でその前に遅めの昼食として鹿島田チャレンジ3rdに挑戦してきた。

    松屋_食前

     まずは名古屋駅の西にある松屋に行った。会社の入っているビルの近くだ。
     鹿島田チャレンジ1st, 2ndの経験を生かし、牛めしは普通盛りにした。
     唐辛子の色は赤く、まあまあ良い感じ。ただ携帯電話禁止(電磁波が心臓が、とかありがちなことが書いてあった。でもPHSも駄目という辺りに適当に書いたことがまるわかりで松屋の印象ダウン)という張り紙があったので、写真を撮るのに少し抵抗があったがとりあえずやった。

     唐辛子の容器は吉野家とは違い出も良く、簡単に満遍なく掛けられた。そしてやはり吉野家とは違いすき屋と同様に辛かった。しかも気温が高いせいか体感温度が高く、汗もかなり多く出た。粉っぽく感じるくらいにかけたからかも知れない。

    松屋_食後 松屋のMが見える。味噌汁はセットで着いてきた。

     次いで、地下鉄で1区間先の伏見へ移動。伏見と次の栄の中間地点に床屋はあるが、伏見から名古屋方向へ100mほど戻り、なか卯に入った。

    なか卯_食前

     なか卯のどんぶりはサイズが小さい。普通390円、大盛り490円、そしてミニが290円。ミニを出されたかと思ったくらいのサイズだ。

     そしてなか卯の牛丼は、なんか汁っぽい。たまたまかも知れないが、初めて食べるのではっきりしない。そして匂いが甘ったるい。「関西風すき焼きのイメージか?」と少し思ったが、関西風すき焼き自体食べたことはないのではっきりしない。
     なか卯の唐辛子の容器は吉野家と同じタイプでちょっと危惧したが、Y野家とは違って掛け易かった。YN家はインフラ的に問題があるのではないかと思った。
     食べてみると肉が硬くて今一だった。歯ごたえのある喰いものが好きなのだが、薄っぺらい煮込んだ牛肉が硬いのは、歯ごたえとは別の意味で硬いと思った。しかも甘い。俺的にはなか卯はうどんと他の丼で攻めるべきだと思った。

    なか卯_食後 なか卯は店名の入った丼だった。こちらも発汗が大量でまいった。

     おそらく気温と下着代わりのTシャツが長袖だったことも影響しているだろうが、ちょっと調子に乗って唐辛子を多く掛けたためか、非常に発汗が多かった。顔はもちろん頭の中も汗だらけになった。
     これでまた一歩野望に近づいた。

    鹿島田チャレンジ2nd

    • 2009.03.06 Friday
    • 00:45
     母が韓国旅行に行っているので夕食は作るか買うか食べに行くか。そこでかねてより計画中の鹿島田チャレンジ2ndを行うために、自宅近くの吉野家に食べに行った。
     もちろん牛丼は鹿島田さんが食べる時のように表面を唐辛子で真っ赤にする必要がある。とりあえず大盛りと味噌汁を頼んで赤くしてみた。

    吉野家食前吉野家up

     吉野家の唐辛子の容器は大量に掛けるにはやりづらい。容器の蓋を開けてまではやる気がなかったが、とりあえず満遍なく掛けてみた。本物の鹿島田さんの食べる牛丼はこんなものではないだろうと思いつつ食す。

    吉野家食後

     あまり辛くない。これは吉野家の唐辛子自体が空さ控え目のブレンドだからのように感じた。
     次に十分腹は膨れたような気がしたが、車で15分ほどのところにあるすき家に足を伸ばした。これはクエスト「KASHIMADA CHALLENGE」の要達成イベント「吉野家の牛丼を赤くして完食」にオプション「他のチェーン店(すき屋、中卯、松屋)の牛丼を赤くして完食」が出たからだ。これを飛ばしても鹿島田チャレンジ自体は達成可能。

    すき屋食前すき屋up

     写真は照明の問題なのか吉野家に比べて妙に赤い。
     すき家の唐辛子の容器の方が多く掛け易い。また赤い色がなんか辛そうな雰囲気をかもし出している。青い方が辛いらしいけど。
     カツブシおくら牛丼大盛りを食す。唐辛子の量のせいか、結構辛い。

    すき屋食後

     今度は額に汗がにじんで来た。多少本物に近づいた感はある。ような気がする。
     これでまた一歩野望に近づいた。

    鹿島田チャレンジ

    • 2009.02.25 Wednesday
    • 21:56
      先日名古屋に遊びにきた鹿島田ミートソースさんは辛さに強い。名古屋地区では有名な味仙の辛い「台湾ラーメン」を顔色一つ変えずに汁まで5分で完食。CoCo壱番屋では5辛を注文してスパイスで味を調整する。牛丼を食べる時は唐辛子で表面が真っ赤になるのは当然。等々。
     自分の場合はココイチでは1.5辛くらいが丁度良いので、頼むのは普通の辛さでスパイスをぶっかけている。でフト思い立ち、今日の会社帰りに最寄駅の近くのCoCo壱番屋に寄って5辛に挑戦してみた。
     もちろん挑戦するのはCoCo壱番屋の一つの顔である辛さではない。鹿島田伝説の一端への挑戦だ。

    5辛食前5辛味調整

     頼んだのは300g5辛のフィッシュフライトッピング。予想通りだが、ルーの色が通常の物とは若干違う。
     ここ数年は400g(大盛り)しか頼まなかった。400gだと一回り皿が大きくなり、多くの店ではルーの盛りが悪い。ご飯の量と皿の大きさのバランスが悪いのか?300g(普通盛り)だとご飯が妙に少なく、結果小さい皿でもルーが多い。ひょっとして耐え難いほど辛かったら、その辛いルーだけを食べるはめになるなと思いつつスプーンをつける。

     最初の印象は「思ったほど辛くはない」だ。確かに辛い。十分に辛い。でも2辛、3辛でも辛いと感じる自分が予想した5辛というほどのものではない。1辛の5倍辛いわけではないので、それは当たり前と言えば当たり前。というか何倍辛いって何を基準にするんだろう。
     これなら十分行けるなと感じて余裕が出てきた。ここでようやくスパイスを掛けていなかったことに気付き、鹿島田さんを真似てスパイスで味を調えてみる。多少辛くなったような気がした。多分気のせい。本物の鹿島田さんは一体どのくらいのスパイスを掛けるのだろうか?

     食べているうちにジョジョに汗をかいてくる。最終的には新しいお手拭を使って顔や首筋を拭く程度には汗ばんだ。
     確かに辛いが、鹿島田さんが平然とクリアしたあの台湾ラーメンの方がはるかに辛い。一口目の印象はラーメンの方が3ランクは上。最終的にも2ランクは上。それだけ辛くても結構美味い。凄いよ味仙。

    レシート ちなみに会社でこの鹿島田チャレンジの話しをした時に「5辛を食べると何か証明書がもらえて、それを見せると他の店でも6辛以上が注文できる」と言っていた奴がいたけど、何ももらえなかった。その写真をupするつもりだったのに。
     代わりにレシートの写真。100円をプラスして5辛にしてある。バックはリオタン乳マウスパッド。

     もしその気になったら台湾ラーメンの辛さがCoCo壱番屋では何辛相当なのか、自分の感覚でチェックしてみたいものだ。
     これでまた一歩野望に近づいた。


    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    編集

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM